綾瀬駅スグ、葛飾の人工透析 東京綾瀬腎クリニック 公式サイト(東京都葛飾区)/診療のご案内-透析の診療

TOP > 診療のご案内-透析の診療

透析の診療

透析ベッド数40床
設 備X線撮影室・心電図・ホルター心電図・超音波診断装置(心臓・腹部・副甲状腺・頚動脈・シャント・下肢血管)・動脈硬化測定(CAVI/ABI)・ECGモニター・SPP
見学を随時受け付けています

透析治療は長期にわたります。クリニックの雰囲気などを知っていただくために随時見学を承っております。ご検討されている方は、お気軽に、お電話ください。
TEL.03-5680-6888

透析・透析合併症管理

平素のデータや透析状況に基づいた医師・スタッフのカンファレンス(会議)および毎回の回診によって治療方針をたて、医師より患者様にご説明しまして日々行っております。

透析患者様の透析関連外の疾患

病状により院内で検査投薬または専門外来へのご紹介を行い、腎臓病の方にも安全に検査・診断・投薬がおこなえるように診療しています。 また、透析導入病院との連携を患者様ごとに細やかにおこない、心疾患やバスキュラーアクセス(内シャントなど)その他、全身疾患や各科病変への対応をこころがけております。 スタッフには、研修・学会への参加や透析療法認定士資格取得を促進しています。

各種療法
LDLアフェレシス療法ネフローゼ症候群、閉塞性動脈硬化症等に対してLDLアフェレシス療法を行っています。
リクセル療法長期透析の合併症の一つであるアミロイドーシスの原因物質とされているβ2-MGを除去するβ2-MG吸着器リクセルを使用し手指や関節の痛みを軽減させる治療を行っています。
G-CAP療法
(顆粒球除去療法)
潰瘍性大腸炎に対しG-CAPという治療を行っています。血液を特殊なビーズが詰まった顆粒球吸着器アダカラムに通す事で炎症原因となる血液中の顆粒球を選択的に吸着除去させています。
業務改善・医学管理・安全対策

院内5委員会(教育・新人・患者支援/安全対策・業務改善//感染予防/災害対策)を設置し、医療スタッフ全員がいずれかに所属するようにし、それぞれ、円滑正確な業務遂行のための活動、患者様とスタッフの指導、事故防止活動、感染予防活動を行っております。

透析・看護体制

約20床ごとに担当の看護師と技士をあわせて3~4名配置しており、日々の透析にあたっています。医師をはじめとするスタッフが、個々の患者様のその時の状況を把握して、患者様そしてスタッフ同士がこまめにコミュニケーションをはかっております。

院内検査

○ 定期採血は月2回および随時
○ 心胸比測定の胸部レントゲンは月に1回
○ 心電図検査は月1回または隔月
○ 超音波検査(心臓・頚動脈・副甲状腺・腹部・バスキュラーアクセス・下肢血管)
○ 動脈硬化検査(CAVI/ABI)(SPP)
○ 24時間ホルター心電図
○ 血液ガス分析(テクノメディカル GASTAT-1820)
○ インボディ(Biospace)

上記「インボディ」とは筋肉量、脂肪量、透析患者様のドライウェイトの目安となる「体水分割合」の測定を行う体成分分析装置 InBody20 のことです。
測定方法ベッド上で安静を保ち、両手の親指・中指 両足のかかとに測定用器具を取り付け、2分程度で測定します。
主な測定項目体成分分析(細胞内水分、細胞外水分、たんぱく質量、ミネラル量)、体脂肪率、体脂肪量(全身、四肢、体幹部)、骨格筋量、体水分量(四肢、体幹部)、浮腫値、ドライウェイト
インボディの有用性インボディは体内の水分バランスを測定し、細胞内液・細胞外液・ 浮腫値を求めることができます。これらによって体脂肪量や筋肉量、疾患、尿量や透析期間に影響されず「ドライウェイト」を簡便に 評価でることがわかってきました。HANPやレントゲン撮影による心胸比とも相関が見られると、多くの発表がなされています。  ※透析会誌 40(7):581~588,2007 41(10):732~730,2008 より
当クリニックでの実施予定4か月ごとに1回の測定を行います。
院外検査

○ 胃カメラ(出血、腫瘍など)・大腸検査 ○ 胸腹CT(胸・腹の腫瘍、炎症など) ○ 頭MRI(動脈硬化、脳内病変)  ○ 骨密度(骨量) ※その他必要時に各種検査をご案内いたします。

キセノン治療器/透析患者様の痛みのケア

キセノン治療器を導入しました。 透析期間が10年前後の患者様の2~3割に症状が出るとされる『透析アミロイド症』があり、数年で発症する方もおられます。『透析アミロイド症』には「手根管症候群、腱鞘炎(手や肩関節など)、破壊性脊椎関節症、骨嚢腫、虚血性腸炎、病的骨折」などが挙げられます。 キセノン治療器とは、キセノン光線治療器(光線機能・温熱機能)と低周波治療器(通電機能)の機能を1台に集約した複合治療器で、特に「手根管症候群・腱鞘炎・関節痛・血管痛」などの痛みの緩和に用いられます。

防災訓練
患者様の安全のために、防災訓練を年に1回実施しております。