綾瀬駅スグ、葛飾の人工透析 東京綾瀬腎クリニック 公式サイト(東京都葛飾区)/ごあいさつ・沿革・学会発表-院長ごあいさつ・理念

TOP > ごあいさつ・沿革・学会発表-院長ごあいさつ・理念

院長ごあいさつ・理念

院長ごあいさつ
院長 長田しをり

慢性腎臓病の方とともに長く元気に歩む医療を

私ども東京綾瀬腎クリニックでは、腎臓内科専門医が常勤医師で、関連する重要な分野である循環器医・糖尿病医・血管外科医の診療参加を得て、南向きの明るい診察室・透析室で、慢性腎臓病の患者様へ、より正確でより親切に、合併症と糖尿病の管理を含めた長期的な内科総合医療と生活援助を行うことを目指しています。

それは、慢性腎臓病の患者様は、蛋白尿陽性になって「腎臓の働きが落ちています」と言われ始めた頃から透析期まで、高血圧・動脈硬化や腎機能低下に伴う合併症の加療が大切で、また、糖尿病で腎臓病の患者様では、目や足・心臓・脳で進行する血管病としての糖尿病全体の治療が重要だからです。

細やかな透析管理と基本的な循環器内科・糖尿病内科の検査診断と診療を行うために、院内で、心臓・頸動脈・副甲状腺・バスキュラーアクセス・腹部・下肢血管・シャントの超音波検査を、専門医・専門技士により行っており、その他、24時間ホルター心電図検査、CAVI/ABI、SPPを施行しています。関連病院の協力を得て、消化管の検査や、CT、MRI、骨密度測定検査を行っています。

当クリニックは、 社会医療法人社団 順江会 江東病院(順天堂大学医学部 研修・臨床関連病院)に付属する、腎臓病クリニックで、緊急入院・受診が必要な時には透析導入元病院へご相談する他、後方支援病院(東和病院・江東病院)の診療協力を得られます。

院長プロフィール
▲クリックでジャンプ

長田(おさだ)しおり
医学博士
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本内科学会内科認定医身体障害診断書認定医(じん臓機能障害)
○1987年 和歌山県立医科大学卒業
○1995年 順天堂大学大学院腎臓内科学講座博士課程修了

診療理念

○ 患者様に親切で誠実な医療を提供するよう努めます。
○ 患者様に水準の高い医療を提供できるよう研鑽します。
○ 患者様に快適に透析を受けていただけるよう環境を整えます。